2019/04 の記事一覧

新元号

「令和」とかけて「花天」ととく その心は・・・


新元号は「令和」に決まりました。万葉集出典という事ですが、
ひらたく言うと
「初春は月もきれいで、さわやかな風が心地良い。
梅の花もきれいだし、らんの花も良い香りですね。」
という、宴会の情景を説明した序文という事ですが、
ホテル花天も、「春は咲いた花が月明かりに照らされて綺麗ですね」という春の美しさを意味する四文字熟語「花天月地」からいただいた名前なんです。
令和の原典も花天月地も、春の情景の美しさを表していますが、
一番美しいのは、情景の美しさを歌うほど、平和で穏やかな日常があるという事ですね。
そんな日常が続く事を、「令和」の新元号に期待します。
もうすぐ、三崎公園にも桜が咲き始めますよ。 [全文を表示]